文書の電子化で仕事の効率アップ|業者に頼んで問題解決

データを復活させる設備

周辺機器

専門技術の強み

仕事で使っているパソコンのハードディスクが故障した場合、重要なデータが読み出せなくなって業務に重大な支障が生じます。これが個人のパソコンなら自分1人が困るだけですが、企業や病院や教育機関などの職場だとそうはいきません。取り扱っているのはお客様や患者・生徒などから預かった大事な個人データや財務データなのです。少しぐらいパソコンに詳しい人が職場にいても、素人のできる解決策には限界があります。そんなときの助け舟となってくれるのがデータ復旧センターです。ハードディスクとデータの復旧を専門に行っているのですから、スタッフの技術力も最新機器を取り揃えた設備も半端ではありません。復旧作業に当たるスタッフは、WINDOWSやMACなどのOSごとに専門が分かれています。ハードディスクの物理的なトラブルに対して専門に取り組むスタッフや、RAIDシステムのトラブルを専門に解決するスタッフもいます。そうしたスタッフ1人1人の専門技術が大きな強みとなっているのです。

高い復旧率実現させる設備

特に物理的な損害を受けたハードディスクからデータを救出する作業には、高度な技術と相応の設備や機器が欠かせません。ハードディスクは大きく分けて、基盤の部分とディスク部分及びヘッド部分に分解できますが、作業の際にはわずかな埃が致命傷になる場合もあります。埃を100%近く排除した環境での作業となると、専門のデータ復旧センター以外ではまず不可能です。分解されたハードディスクからデータを読み取るには、同じメーカーで同じ型番の部品を必要とするケースも少なくありません。そのような部品を大量に取り揃えているのは、規模の大きなデータ復旧センターに限られます。たとえスタッフの1人1人が高い技術を持っていても、設備が整っていなければ持てる力を十分に発揮できません。そうした条件に当てはまるデータ復旧センターなら、多くのお客様に利用されているため高い評判を呼んでいるものです。